it業界で土日休みの会社へ転職する方法

転職,it,土日休み

it業界で転職を考えている方が特に気になるのが、仕事での拘束時間の長さではないでしょうか。広く知られているように、IT業界は労働時間が長めで、残業や休日出勤が多く発生する業界です。そういう環境の中で転職する場合、土日休みの環境で働きたいと思っている方は多いでしょう。しかし、求人情報などに土日休みと書かれているからといっても、本当にしっかり土日を休めるとは限りません。さまざまなプレッシャーを受け、結局自発的に土日に仕事をせざるを得ない環境に置かれているという話はIT業界ではごくあたりまえのことです。 そこで、しっかり土日に休める会社を探すために、SNSを活用しましょう。転職サイトのクチコミや、いろいろな検索キーワードで検索してみるのはもちろんですが、ツイッターなどのSNSでその会社の実情を探るという方法がおすすめです。 SNSでは、建前ではなく本音を書き込む人が比較的多く、しかも投稿内容を辿れば、その人がどの会社で働いているか察しがつくことが多々あります。そこで、目的の会社名でSNS上の投稿を検索し、投稿している人が土日にどのような投稿をしているか分析してみるのです。土日の日付で、どこかに旅行に行ったとか、買い物に出かけたというような投稿が多数出てくるようであれば安心でしょう。

it系へ転職する際に内定取り消しをされないためには

転職,it,土日休み

昨今は、it系企業の躍進が目覚ましく、その方面への転職を考える方も少なくありません。 しかし、it系企業の中にはそうした希望者に対して、内定を出しておきながらも後から内定取り消しを行うことも珍しい話ではありません。 その背景には、it系企業にはスピードが求められるということがあります。 つまり、企業側がすぐにでも働ける即戦力を期待して求人を出している場合、転職希望者が他の企業からの返事待ちをしていて、現在の会社から内定を取った企業へ移る日を保留にしていると、内定を取り消してすぐに働ける人を新たに採用するということもあるのです。 そうならないためには、転職を考えた時の動き方に工夫が必要です。 まず複数の企業へ応募する場合、出来る限り近い日程で面接を受けるように心がけましょう。そうすれば、採用不採用の結果が出る日にちに大きな差が生じることがなくなり、保留期間を短くすることが出来ます。 また、そのようにしても保留期間が生じる場合は、内定を受けた企業へは何日までに返事をするという明確な期間を伝えておくことも大切です。 もしも、第一志望の企業からの連絡待ちの場合は、その企業へ事情を説明して採否を教えてもらうというのも一つの手です。